お酒に酔った勢いでワンナイトラブ!コンドームを付けずに性行為してしまった!そんな緊急時、黙って何もできずにあたふたしますか?いざ妊娠となったら女性はものすごく大変ですよね。そんな時に備えてアフターピルを用意しておきましょう!病院へ行かなくても通販でまとめ買いもできますから、お守り代わりに備えておくのがおすすめです。他にも低用量ピルについても知っておきたい情報を紹介していきます。

カプセル
  • ホーム
  • 完璧に避妊対策するならトリキュラーがオススメ!

完璧に避妊対策するならトリキュラーがオススメ!

たくさんの白い錠剤

望まない妊娠を回避するためには、避妊対策をきちんと行う必要があります。
避妊対策と言うと、男性がコンドームを装着して性行為を行うという方法が基本です。
ですがこの方法だとうっかり男性側がコンドームを装着し忘れたり、装着してもそれが破れてしまって効力を発揮しない恐れがあります。
女性が妊娠を絶対に避けたいと望んでいるなら、自らも避妊対策を行うべきです。

そんな中、女性が行うべき避妊対策として高い効果を得たいならトリキュラーを服用する事がおすすめ出来ます。
避妊対策としてトリキュラーをおすすめする理由は、手軽な方法で高い避妊効果を得る事が可能だからです。

トリキュラーの服用方法は基本的に、毎日同じ時間に1錠ずつ決められた錠剤を飲むという方法です。
同じ時間でトリキュラーを服用するだけで、高い避妊効果を得て望まない妊娠を避ける事が可能です。
なので飲み忘れに注意しなければ良いので、手軽に避妊対策を実行可能な点が魅力的だったりします。

ただしトリキュラーは決められた順番取りに、飲み続ける事が大事です。
そもそもトリキュラーは大きく分けて、トリキュラー錠21とトリキュラー錠28という2種類のタイプが存在しています。
どちらも28日を1サイクルとして服用し続ける事になりますが、トリキュラー錠28には飲み忘れの防止のために服薬中止期間に飲むための7錠の偽薬が余分に含まれているだけです。

もっともトリキュラーを見れば理解出来ますが、色違いの錠剤が幾つか存在しています。
見た目が違うだけでなく、中身の成分にも違いがあるのできちんと避妊効果を得たいなら決められた順番通りに服用すべきです。
実際に錠剤の色によりレボノルゲストレルやエチニルエストラジオールといった成分量に違いがあります。
レボノルゲストレルやエチニルエストラジオールといった成分量が違えば、得られる効果も違って来るので正しい順番で服用する事が大事です。

トリキュラーは正しい順番で正しい容量を服用する事で、避妊効果が得られる避妊薬となっています。
手軽な分だけ、うっかり飲み忘れない様に用心しなければなりません。

飲み忘れてしまうと不正出血のリスクが高まる

トリキュラーは避妊効果が高い避妊薬であるため、服用し始めは特に副作用が生じる恐れが高いです。
その要因として服用する事で急激にホルモンバランスに変化が生じるために、頭痛や吐き気といった体調不良を引き起こす恐れがあります。
加えて不正出血を起こしてしまう恐れがあるので、注意が必要です。

頭痛や不正出血といった副作用は、ホルモンバランスの変化に身体が追いつく事で直ぐに沈静化するケースが多かったりします。
なので症状が重かったり長引かない場合には、特に問題がないケースが多いです。
逆に言えば症状が重かったり、続くような場合は服用を中断して医師に相談する事をおすすめします。

もっとも不正出血に関しては、トリキュラーを飲み忘れてしまった場合にも起こるリスクがあるので注意が必要です。
飲み始めた時ならともかく、服用していないのに出血が起こると不安に感じる女性が多かったりします。
ですが飲み忘れてしまうと、不正出血のリスクが高まるのは自然な事なので特に問題はないです。

飲み忘れにより不正出血が起こる理由は、飲み始めと同じ理由だったりします。
飲み続けていたのを中断すると、一時的にホルモンバランスが大きく乱れる事になるので注意が必要です。
具体的には、身体に必要な女性ホルモンの量が飲み忘れにより大幅に減少してしまいます。
お陰で生理に近い状態になってしまい、不正出血を招いてしまうという流れです。

この様にトリキュラーを飲み忘れてしまうと、避妊効果がきちんと得られなくなるリスクだけでなく不正出血が起こる恐れがあります。
なので飲み忘れない事がやはり1番に大事ですが、万が一飲み忘れてしまった場合には出来るだけ早めに飲み忘れ分を服用して挽回する事です。

トリキュラーを通販で買うならここがおすすめ!