お酒に酔った勢いでワンナイトラブ!コンドームを付けずに性行為してしまった!そんな緊急時、黙って何もできずにあたふたしますか?いざ妊娠となったら女性はものすごく大変ですよね。そんな時に備えてアフターピルを用意しておきましょう!病院へ行かなくても通販でまとめ買いもできますから、お守り代わりに備えておくのがおすすめです。他にも低用量ピルについても知っておきたい情報を紹介していきます。

カプセル
  • ホーム
  • アフターピルで有名なアイピルを通販と病院で比較

アフターピルで有名なアイピルを通販と病院で比較

多様な

アイピルとは緊急避妊薬として知られており、他の方法で避妊したにも関わらず何らかの失敗が発生してしまった場合、失敗発生から早めの服用でかなりの高確率で望まない妊娠を避ける事ができる薬です。

アイピルの入手方法は薬局での市販はないものの、病院で処方箋をもらって薬局で購入するか、処方薬は海外からの個人輸入という形で一定量までなら仕入れる事が可能です。
そのため個人輸入代行の通販から手に入れる方法の2通りがメインになります。
通販の場合、大手の会社と違いトラブルが起こるリスクが存在します。
お金を先払いが基本のため、お金を払っても商品が届かないというトラブルや、偽物が送られてくるというリスクが考えられます。
この偽物についてでですが、外枠だけ同じで薬の成分が全然違うという形も含まれます。

一方、病院で処方として薬局で入手した場合は医師が患者に適したものを処方しているため、正式なアイピルを入手でき、価格は病気ではなく保険適応外のため、診察料とふくめ1万円前後です。
5000円~2万円程度が妥当ですが、価格に大きな差が出るのは保険診療ではないため、病院側が自由に診察料を設定できるためです。
通常の病気では保険がきく関係で、診察料はどの病院で受診してもほぼ同じですが、保険適応外の場合は自由診療となるため変わってきます。

通販と病院でアイピルを価格のみで比較してみましょう。
通販は診察料がかからない事や、会社によって薬代をいくらか割引している事を考慮すると、7回分で1500円程度の金額のため通販で購入する方が安いように見えます。
しかし、色々なトラブルが存在する事を考えると、病院で処方してもらう方が理想です。
病院で処方してもらった場合、診察の時に相談したい事があれば気軽に相談できるメリットもあります。

どのような薬でも用法用量が決められており、特に処方で手に入れた場合は用法用量の書いた紙を一緒にもらえますが、薬の効果をきちんと発揮するためには用法用量を守る必要があります。
多めに服用すると副作用が出るだけで、さらなる過剰効果は出ないので注意が必要です。

事前にアフターピルを用意しておくと便利です

実際に性行為の最中に避妊が失敗して、その後に病院へアフターピルを処方してもらおうとすると待ち時間などで時間がかかる場合があります。
焦っているとアイピルという薬の名前が頭から消えてしまい、長い時間待たされた挙句、効果の薄い別の薬を処方されてしまうリスクがあります。
避妊に失敗してから通販で購入する場合は病院よりも手に入れるまでに時間がかかります。

妊娠を望んでいない場合は、性行為をする前にアフターピルのアイピルを病院で処方してもらい、緊急用として少しだけ入手しておくと便利です。
事前に用意しているのとしていないのとでは、実際に避妊が失敗した場合の気の持ちようが全然違ってきます。

アフターピルというものは、現在では女性のお守りとも言われています。
主な理由として何らかの事故で通常の避妊方法が失敗して望まぬ妊娠をしてしまった場合、育てるのが困難だと中絶するしか方法がなくなり、中絶する場合、傷つくのは女性の体と心になります。
通常の避妊方法が失敗してしまっても、最後の砦としてアフターピルが存在し、なおかつ高確率で妊娠することを防止できるため、女性のお守りに実際なっています。

アフターピル自体は最後の砦として活用できるため便利ですが、自分自身の体にあったものが必要なため、医師の診断を受けた上で適切なものを処方してもらうと、さらなる効果が期待できます。
病院で処方されたものを用法用量を守って服用していたにも関わらず効果が出なかった場合、処方した医師に相談しに行く事ができます。
通販の場合はメールで注文する事が多いので、万一効果が出なかった場合、対面で相談する事も不可能です。
最悪の事態を考えた時、病院で処方してもらって薬局で入手した方が理想です。