お酒に酔った勢いでワンナイトラブ!コンドームを付けずに性行為してしまった!そんな緊急時、黙って何もできずにあたふたしますか?いざ妊娠となったら女性はものすごく大変ですよね。そんな時に備えてアフターピルを用意しておきましょう!病院へ行かなくても通販でまとめ買いもできますから、お守り代わりに備えておくのがおすすめです。他にも低用量ピルについても知っておきたい情報を紹介していきます。

カプセル
笑う女性

性行為を行うという事は愛を確かめるコミュニケーションですが、時には思いがけない出来事が訪れる場合があります。
もし、避妊に失敗してしまったら、望まない妊娠を避けるためにも、出来るだけ早い段階でアフターピルを服用するのがベストです。
緊急時という事で焦ってしまい、あまりアフターピルの事を理解できないまま服用してしまうというのも不安が残るものです。
いざという時に落ち着いて行動できるようにするためにも、アフターピルの種類や詳細について理解しておきましょう。

もちろん危険日以外の日でも普段からコンドームを使用して行為を行なうほうが良いですから、パートナーと避妊についてしっかりと話し合っておくようにすると良いです。

ヤッペ法とLNG法の違いについて

アフターピルにはヤッペ法とLNG法があるのをご存知でしょうか。
まずヤッペ法ですが、こちらはプラノバール錠という薬を使用します。
ヤッペ法は性行為の72時間以内に2錠のプラノバール錠を服用し、その12時間後に再び2錠分服用します。
ヤッペ法による避妊成功率はおよそ97%と言われており、高い避妊効果を期待する事が出来ます。
ただし、この方法は効果の高さの一方でホルモンが大量に含まれている事から副作用が出る確率も高いという事で知られています。
副作用として出るのは主に吐き気で、処方される際に吐き気止めも一緒に出されるという事がほとんどです。

この副作用が出てしまうのは薬に含まれている女性ホルモンの量が非常に多いからですが、それによって体内のホルモンバランスが急激に乱れます。
そのため、悪寒を感じたり、強い吐き気を感じるケースがとても多いのです。
ただ注意しなければいけないのは薬を服用してから2、3時間以内に吐いてしまうとせっかく飲んだ薬の効果がなくなってしまうという点です。

もう1つあるのがLNG法です。
LNG法は厚生労働省が認可している薬ノルレボ錠を使用する方法で、避妊失敗をしてから72時間以内に1錠もしくは2錠服用するだけなので、ヤッペ法と比べると飲み忘れをする事がありません。
また副作用についてもヤッペ法と比べると少なくなっている事から女性の体への負担が減っています。
そういった意味ではとても安心して飲む事が出来るのがメリットです。

また避妊失敗率についてもヤッペ法より低い事からアフターピルとして処方されるのもこのLNG法のほうが多くなってきています。
気になる副作用についても全くないという事はありませんが、比較的少なめで、悪寒や吐き気・嘔吐といった症状が出てしまうケースはとても稀だと言えます。
通常は飲んでから24時間以上たてば体が慣れてきますので、そういった症状も落ち着いてきます。

では結局どちらのアフターピルを選ぶのが良いかという事ですが、特に危険日にコンドームを使わなかった、或いはコンドームが破けてしまったなどで避妊失敗をしてしまった場合、妊娠する確率は他の日より高いわけですから吐いてしまうなどして薬の効果がなくなってしまうのはとても困ります。
ですから、出来るだけ副作用が少ない方法であるLNG法を利用するのがお勧めです。
危険日であり、72時間以内に飲まなくてはいけないという事を考えれば時間の猶予はそれほどありませんので、避妊を失敗しにくい方法を選択するほうが良いでしょう。

ただしクリニックによって扱っているアフターピルが違うので、前もって調べておくほうが良いです。
多くの場合LNG法が利用されていますが、確認をしておいたほうが安心です。
初めてアフターピルを飲む場合には診察と薬についての説明を受けるので、わからない事や不安な事があった時には必ず聞いておくようにするのが良いです。

最近では緊急時にアフターピルを飲むという方法もありますが、万が一の事が起きないように普段から気をつけておくほうが安心です。
例えばコンドームだけ使うのではなく、ピルを飲むようにする事でより避妊率は高くする事が出来ます。
ピルは人によっては飲めないという場合もありますので、必ず検査を受けて自分にあった薬を見つけてから飲むようにしたほうが良いです。
特に40歳前後の女性の場合、ピルを飲めない条件というのもありますので、まずは相談をしてみたほうが良いです。

ちなみにアフターピルは通販でも購入する事は可能で、緊急時用に自分で購入する人もいますが、自分で通販で購入する場合は初めて購入する時ではなく、2回目以降にするようにしましょう。
これはアフターピルについて詳しい事を医師から説明してもらって、まずは飲んでみなければ体に合うかがわからないという事があるためです。

アフターピルを服用した後の生理について

緊急時にアフターピルを服用した後、気になるのはちゃんと生理が以前のようにくるのかという点ではないでしょうか。
アフターピルは24時間以内に飲めば避妊成功率は90%以上、72時間以内に飲めば80%以上の避妊成功率があると言われています。
そのため、いざという時にはとても頼りになる物です。
しかしその効果がきちんと発揮できたのかどうかという事は実際に妊娠していない事がハッキリするまでわかりません。

妊娠していない事がハッキリする時というのはつまり生理が来た時という事になります。
ただ問題があり、アフターピルを飲んだ時期が排卵日と同じような時期だった場合に実際には生理の経血ではなく、排卵日に出る出血である可能性も高いからです。
服用後に来る生理は早い人であれば3日後に来る場合もあります。

ただいつ来るのかという事については排卵日の関係もありますので、個人差がある事は覚えておきましょう。
とはいえ、あまりにも生理が来ない場合には避妊に失敗しており、妊娠しているという可能性もあります。
目安として3週間以上経過しても生理が来なければ、一度妊娠しているか検査を受けたほうが良いでしょう。

アフターピルは女性ホルモンに作用を及ぼすものなので生理周期が一時的に乱れる可能性があります。
そのため、それまでは毎月1回来ていた生理が1ヶ月に2回くるといった事もあります。
これは排卵前に服用したか、排卵後に服用したかで違いが出てくる事が多いとされており、排卵後に服用した場合には通常通りに生理がくるという人がほとんどです。
しかし、排卵前に飲んだという女性は本来の生理予定日よりも早く生理がくる場合があります。

ここで覚えておかなくてはいけないのは、アフターピルを服用した状態で生理が予定日よりも遅れてくるという事はないという点です。
アフターピルを飲んだ後に来る生理は消退出血といってピルの作用によって強制的に起こしたものです。
これは毎月きている生理とは違いますが、普段来ている生理と勘違いをする人は少なくなく、本来の生理と消退出血の2回分きているのだと思ってしまう事がよくあります。

排卵後に服用した場合に生理が1回だけしかこないというのは消退出血と通常の生理が同時に来ているというケースです。
つまり、アフターピルを飲めば全員が生理が2度くるというわけではないという事は覚えておきましょう。
元々の予定日より遅れて出血があった場合は妊娠をした時に起きる着床出血という場合もありますので、注意が必要です。
この場合は妊娠検査薬で念のために妊娠をしているかどうかという事を検査しておくほうが良いです。

通常の生理が来るまではおよそ9割の女性が3か月以内という事がわかっており、アフターピルを飲んだからといって避妊を怠るとそれがきっかけとなって妊娠に至るケースもありますので、生理が確実に来たという事がわかるまで避妊をしておくようにしましょう。
またアフターピルがあるから避妊をしなくても平気だと勘違いをしてしまう女性もいますが、ピルはあくまでも薬であり、体に負担がかかるものであるという事を忘れてはいけません。

通販で購入できるからといって、避妊をせずに性行為をして毎回アフターピルを飲むようになると、体内のホルモンバランスが崩れたままになってしまう場合もありますし、それが正常通りに戻るまでは時間が必要です。
ホルモンバランスの乱れは生理周期が乱れてしまうという問題だけではなく、女性ならではの症状が出てしまう原因にもなりかねないので良い事とは言えません。

出来るだけそういった薬を服用をしなくてもすむように、コンドームを使って避妊をする事を心がけるようにしたほうが良いです。
望まぬ妊娠をして堕胎をするとなると女性の体に負担がかかるだけではなく、心が傷つくことになってしまう事を理解しておきましょう。

妊娠を避けるためにも排卵日を知っておきましょう

望まぬ妊娠を避けるためには自分自身で排卵日について理解をしておく必要があります。
それはいわゆる危険日という日には特に避妊に気をつける事が出来るからです。
一般的に健康な男女が週に2、3回ほど避妊をせずに性行為を定期的にしていた場合、1年以内に自然妊娠する確率はおよそ80%ほどだと言われています。

つまり、避妊をしていないカップルであればいつ妊娠してもおかしくはないのです。
子作りという事で望んでそうしている場合は別として、まだ子供を望んでいるわけではないのならば、きちんと避妊はしておくほうが良いです。
そのために役立つのが排卵日を知る事なのです。排卵日の計算方法はいくつかあります。

例えば基本的な排卵日を知る方法として基礎体温から考えるというものがあります。
毎日基礎体温をはかり、最低体温日の前日から最低体温日の翌々日の間がいわゆる危険日ゾーンという事になります。
これは1か月の体温をはかっただけではわかりませんので、数ヶ月間はかってみて予測するという事になります。
最も危険な日は最低体温の翌日で、妊娠する確率はおよそ40%、その次に危険なのが最低体温日の翌々日で25%となっています。

他には排卵日検査薬を使うという方法もあります。
特に生理不順の女性の場合、排卵日を特定するのは非常に困難です。そのため、こういった排卵検査薬を利用するのがお勧めです。
薬局やドラッグストアで販売されているので、前もって購入しておくというのも良いでしょう。
基礎体温表とあわせて見てみることで排卵日を把握しやすくなります。

また、おりものから排卵日をおおよその目安でチェックするという事も出来ます。
排卵日が近くなるとおりものは量が増えて大きくのびていきます。
おりものが7cm前後ほどのびるようになっている場合は排卵日が近いという証拠です。
清潔な指を膣にそっと入れて粘液を指にとってみましょう。
親指と人差し指でのばしてみれば、およそ4cmから長い場合は15cmほどのびる事がわかります。

もう1つあるのが簡易的に排卵日を調べる方法で、オギノ式といいます。
この方法では黄体ホルモンの寿命を14日間として計算します。
黄体ホルモンの寿命はほとんどの人が14日間であるという事がわかっており、これを基本として計算するのです。
黄体ホルモンは排卵直後に形成されますが、次の月経が始まる前には退行してしまうのが一般的です。
ということは、生理の最終日から計算して15日目が排卵日という事になります。

例えば28日周期で生理が来る人であれば、28から14を引けば良いのですから生理開始日から14日目が排卵日となりますし、30日周期の人ですと生理開始日から16日目が排卵する日だという事がわかります。
ただこれは人によって正確に計算できるとは限らないため、あくまでも目安として考えておくようにします。
特にこの方法は生理不順の方は正確な日を把握するのが非常に困難になる方法なので、他のやり方で割り出すようにしましょう。

逆に言えば、自分の排卵日を知る方法をちゃんと理解しておく事で将来的に子供を望んだ時にはこれらを利用してタイミングをはかるという事もしやすくなるという事です。
妊娠はとてもめでたいことではありますが、やはりタイミングというものは大事な事です。
父親となる側も母親となる側も心の準備ができている必要がありますし、子供を育てるという事ですからそれなりに費用も必要となってきます。
簡単な気持ちで妊娠をしてしまうと、生活をする上ではとても苦労をする事にもなりかねません。

双方にとって望まぬ妊娠だった場合にはシングルマザーになる可能性も出てきます。
一人で子育てをするという事は考えている以上に大変なことなのでそういった可能性も考えて、避妊の大切さというものを知っておくようにしたほうがよいです。